路線バスのラッピング

いまではラッピングという技術によって、広告や企業のPRをすることがごく日常的になりました。

ラッピングをする対象となるのは電車やバス、自家用車にいたるまであらゆる乗り物がありますが、とくに路線バスのラッピングというのは、広告の宣伝効果やPRなどがしやすいという特徴もあります。飛行機や電車などの乗り物はバスに比べると止まっている状態であれば、周りの乗客などからわかるものですが、移動をしているあいだはスピードが速いため、どのようなことなのかがわからないという場合もあるようです。

路線バスは、飛行機や電車に比べると速度がゆっくりと移動することや停留所の間隔が短いことなどを考えると周りの人にとってもわかりやすいことや通勤や通学などでほぼ毎日利用する人にとっては見慣れている人も必ずいるはずです。最初は何気なく路線バスにラッピングされた広告などを漠然と見ていても、何度も同じ広告に目を通してもらうことができるという効果が期待できます。

広告を目にして初めて見た内容であったり、まったく知らない企業の名前であったりしたのならば、興味や関心が薄れてしまうということが言えますが、何度も目にすることでこの企業にはこんな商品が新しく販売されているのかという関心を持ってもらうこともあるはずです。とくに同じ路線バスをほぼ毎日利用している人にとっては、同じ広告を何度でも見かける機会が多いため、路線バスにラッピングをすることは効果が期待できるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *