路線バスとラッピング広告

公共交通機関の中でも路線バスは生活に欠かせないものですが、利用客の減少により経営が大変だと言われています。

しかし、路線バスが無くなってしまっては、車のない人はどこにも行けなくなってしまいます。そこで路線バスを運営する会社では、赤字を埋めるために様々な広告収入に力を入れています。その中でも効果的で目立つのがラッピング技法による大きな車体への広告です。多くの路線バスの車体には、横の面や後部の面に色々な広告が掲載されています。走る広告塔として多くの人が目にすることになり、その効果の高さははかり知れません。

通りの歩いている人も、車で走っている人も目にすることになります。しかも、いつも同じコースを回るので、特定の人たちがよく目にすることになります。しかし、この路線バスのラッピング広告は、ラッピングという技術が確立されることによって可能となりました。3Mなどのフィルムメーカーが、車のボディに貼り付けることができる特殊なフィルムを開発しました。

このフィルムはパソコンで作成したデザインを印刷することができるので、文字だけでなく写真や絵など、どんなデザインの広告でも思いのままにすることができます。広告の掲載期間が終わったり、内容が変わるたびに簡単にラッピングフィルムを剥がすことができます。これもペイントではまねのできない大きな魅力の一つです。剥がした後に、再び新しい広告をラッピングすることで、継続的に広告が掲載なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *