ラッピングで目立つことが求められるのは路線バスも

街中を走る宣伝カーのことをイベント車などと呼びます。

イベント車はイベント会場以外にも、特定商品などの宣伝にも活用が行われるもので、動くコマーシャル的な要素を持つと言います。様々な用途で活用されるイベント車ですが、いずれも目立つことが要求されるため、中型車両などでも派手目の色を使っていたり、文字サイズも大き目のものを使うなどの工夫が行われています。しかしながら、路線バスのラッピングもイベント車と同じような広告宣伝効果を期待できるなどからも、路線バスへのラッピングが使用されていることが多くなっています。

これらの広告は車体に塗装で施されているものではなく、ラッピングと呼ぶ特殊なフィルムを車体に貼り付けているのが特徴です。近くで見ても塗装で施工されているように見えますが、溶剤を使うとフィルムは剥がれ、きれいな状態に戻すことも可能です。塗料を使って施工した場合、塗膜が車体表面にしっかりと定着しているため、溶剤を使ってもきれいに落とすことはできません。うっすらと広告が残ってしまえば、路線バスもの使い回しができなくなりますし、それをきれいに落とすためには下地に入り込んでいるものを取り除く、簡単に言えば下地を傷つけることになるわけです。

また、同じ広告を数台のイベント車に行う時には、1台ずつ塗料を使って広告を掲載するため、時間や手間、コストも掛かることになります。その点、ラッピングはフィルムを貼るだけで済む、剥がす時にも溶剤を使えば下地を傷つけない、さらにフィルムへの印刷で施工ができるので台数が多い場合でも時間およびコストをそれほど掛けることなくできるなどの特徴を持ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *