路線バスをラッピングで飾るメリットとは

通勤や通学、自宅から主要駅までの買い物などで使う路線バスにはラッピングの広告が記されているケースが多いようです。

何も掲載が行われていないものよりも、これから乗車するバスの車体がラッピングで覆われている方が魅力的である、小さなお子さんなどが喜ぶのではないでしょうか。路線バスは一定区間を走行する乗り合い式のバスであり、色々な人が乗車します。通勤や通学などでは小さなお子さんや主婦などが乗ることは少ないので、通勤客には企業が発信する広告を掲載した車両を使う、日中は逆に小さなお子さんや主婦が乗車することが多いので、企業アピールよりも子供が喜ぶようなかわいらしさを持つデザインやキャラクターなどに注目が集まりやすくなります。

キャラクターデザインのラッピングは子供達からの人気が集まりやすくなる、これによりバス会社のイメージアップにも繋がって来ます。長期間の掲載もありますが、定期的にラッピングを変えることで、今度はどのようなデザインのバスが来るのか、こうした期待感も魅力と言えましょう。

話題性を集めることができるのも路線バスへのデコレーションですが、通常のデコレーションはペンキなどの塗料を使って行われることが多いのです。しかし、車体にペンキを使ってコーティングをしてしまうと、それを剥がす際に下地まで剥がさなければならなくなる、バスの状態を悪くしてしまうデメリットも出て来ます。ラッピングはフィルムに印刷が行われているものですからフィルムを剥がせば良いなどの利便性も持ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *