路線バスのラッピング広告とは?

路線バスは走る広告塔として、大活躍しています。

都心部はもちろんのこと、地方でもこれは変わらないようです。路線バスは多くの人が利用するだけでなく、同じエリアを毎日何度も走ることになるので、そのエリアの人たちの目に入ります。そして大きな車体に広告をすれば、とても目立ちますので、いつの間にか多くの人の頭の中に、すり込まれていく効果を期待することができます。ところで、この路線バスの広告の多くはラッピングという技術が用いられているのをご存知でしょうか。

ラッピングというと物を包むときに使う言葉ですが、特殊な粘着性のあるフィルムに広告を印刷し、それをバスの車体を包むように貼り付けていくるのです。この技術はまだ比較的新しく、1、990年代ころにアメリカで誕生しました。2、000年に入ると、日本でも急速に広がり今に至ります。ラッピング広告のメリットは、美しい写真画質での印刷が可能であること。

同じ内容のものを何枚も作ることができること。また何度も貼りなおすことができることなどがあります。これらは従来の広告方法にはない大きな魅力です。今後もさらに普及していくことが予想されますが、それに伴いラッピングを行う専門の会社も全国的に増えています。ラッピング技術は印刷もさることながら、車体に貼り付けていく作業も素人にはなかなか難しいプロの技術です。費用は発生しますが、安心のためにも経験豊富な専門業者に依頼するのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *