路線バスにラッピング広告を使うメリットとは?

路線バスに掲載が行われている広告はラッピングを使っているものが主流になっています。

ラッピングはフィルムを使う掲載手法で、フィルムには予め広告が印刷されているものを路線バスの車体に貼り付けて施工を行うものです。企業アピールや製品紹介などの広告が記されているケースが多いわけですが、掲載する期間は長くなればなるほど広告費が必要になります。しかし、一定のルートを常に周っている路線バスへの広告は費用対効果を期待できるなどからも、数週間から数か月間の掲載を検討される企業も少なくありません。

バス会社にとって、車体の広告費は収入源になる部分の一つです。但し、所有するバスに塗装を使っての掲載になると、塗料を取り除く際に車体への傷やうっすらと前の広告が残ってしまうなどのデメリットがあります。広告費を入手できるけれども商売道具でもあるバスに傷が付いたのでは困ります。

ラッピングの場合はフィルムを直接車体に貼り付けているので、これをきれいに剥がせば車体に傷が付くことがありませんし、跡が残ることもないのです。定期的に交換したい時などラッピングはそのメリットを活かせる素材として人気を集めており、路線バス以外にも観光バスや高速バスなどでも活用が行われているようです。また、バス会社のアピールでラッピングが利用されることも少なくありません。利用者に愛されるバス会社を目指すなど、可愛いデザインを施しておけば、小さなお子さんから大人の女性まで喜ばれるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *