貸切バスをラッピングする

貸切バスの車体を独自な絵柄にするために、これまでは塗装という方法がよく用いられてきましたが、現在はフィルムを車体に貼り付けるラッピングという方法がよく使われます。

塗装よりもラッピングのほうが費用が安く済み、貼りかえるだけなので手間もかかりません。貸切バスですから、車体はある程度自由にできます。ラッピングしたものをはがして返せばいいので、貸切バスへのラッピングを断られるということはほぼないでしょう。フィルムは、宣伝したい内容満載の画像にできます。常識の範囲内であれば配色もデザインも自由ですから、大胆な絵柄にできます。

奇抜な印象をかもし出すものなら、きっと人目を引くことでしょう。人々は路線バスの車体のように、街に溶け込んだ違和感のない落ち着いた絵柄を見慣れているため、貸切バスの車体が目立つものとなっていた場合に注目するものです。派手で奇抜な感じがする車体のバスが、路線バスのように頻繁に行き交うと、煩雑な印象を受けるとして苦情が出ることもありそうですが、貸切バスのように1回しか運行しないバスであれば、新鮮な印象をもたらして終了となる可能性が高いです。

車体を広告媒体として利用できるのは、バスならではのことでしょう。普通乗用車なら、人々はほとんど注目しないものです。しかしバスはサイズが段違いに大きく、公共交通機関であるという認識もあるため、見慣れない車体になっていれば格段に注目されやすいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *