貸切バスへのラッピングで

貸切バスの車体に派手な広告があるのを目にした人も少なくないことでしょう。

これまで、バスの車体は落ち着いた印象をもたらす色や絵柄であることが多かったため、貸切バスの車体が大々的な広告に使われていると、人目を引きます。貸切バスの車体にフィルムを貼るラッピングは、塗装よりも手間も費用もかからないため、最近よくおこなわれるようになっています。ラッピングは運行終了後に剥がせばいいため、バス会社からラッピングを断られることはほとんどないと見られます。貸切バスを使う企業が、自社の広告にバスの車体を利用するというのは良い方法でしょう。

1回切りの運行ですから、街の景観とそぐわないセンセーショナルな印象の絵柄であっても、大目に見られやすいと考えられます。奇抜な目立つ絵柄であれば、行き違う人々は注目して文字も読もうとしますから、広告効果は絶大です。バスは車体が大きく、公共の乗り物として人々から注目されやすい存在です。同じ大きさの乗り物なら、道路ではバスがより注目されるという傾向がありそうです。

もともと人目を引く存在である上に、車体の面積も広いですから、広告媒体としては最適と言えます。しかし人目につきやすいからこそ、定期運行するバスの車体の場合は、絵柄がおのずと制限されがちとなります。周囲の風景に馴染む絵柄が好まれ、奇抜な印象をもたらす配色やデザインだと、苦情が寄せられることもあります。貸切バスならその点、許容されやすいと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *