営業車はラッピングカーを

ラッピングカーという言葉を聞いてもピンと来ないという方も多いかもしれませんが、近年では営業車にラッピングカーを導入される企業が増加傾向にあります。

車にイラストが描いてあったり、社名などが印字されている車と言ったら分かりやすいかもしれません。大手企業などはすでに営業車は自社のイメージカラーを取り入れ、社名を申し訳程度に入れるのではなく、一目であの企業の車だと分かるようなデザインにしています。その車で営業先へ移動することによって不特定多数の人の目につきやすく、多額の広告費を支払うよりもより多くの人が見るため、立派な宣伝効果となることが目的です。

近年では大企業だけではなく中小企業などにおいても営業車をラッピングカーにすることで絶大な宣伝効果が期待できるため、普通車を専門企業に持ち込み、ラッピングカーに変更されています。しかし、いざ取り入れようと思っても、社名を入れるだけでは目立たない、けれど大手ではないためこれといった会社のデザインがないという企業が大半です。

デザインがなければ作ったらいいのです。さまざまな企業の営業車のラッピングを手掛けてきた専門業者であれば、会社のイメージとなるデザインの提案から行ってくれます。そのため、社をイメージするデザインやカラーがなくても安心です。すでに営業車として使用している車両を利用することも可能ですし、車両から準備をしてくれるという場合もありますので企業を立ち上げる際でも安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *