営業車のラッピングで企業イメージも向上する

営業車と言うと一昔前はボディカラーは白かシルバーのワゴンタイプのイメージが強かったのですが、最近ではカラフルなだけではなくハイブリッド車などエコカーを使用している企業が多いです。

確かに営業車はその企業の顔と言っても過言ではないのですが、より企業イメージをアップさせる為にラッピングを施す車両も増加しています。このラッピングとは企業名を車体に塗装するだけの物とは違い、例えば企業が考えたロゴやキャラクターを塗装したりキャッチコピーや企業が扱う商品を全面に塗装してアピールする事です。車体の色も既存のカラーではなく全塗装で企業のイメージカラーにする事もあるのですが、こう言ったラッピングの効果は結構期待出来る事も分かっています。

例えば企業の広告を考えた場合は新聞の折り込みチラシや、路上に設置してある広告看板などが考えられますが、ラッピングを施した営業車なら走る広告塔となりより多くの方の目に留まるのです。また他の広告と違い経費が抑えられるメリットも多く、折込のチラシなどは広告費が発生しますし看板でも設置費用や土地の使用代などが発生します。

しかしラッピングは最初の塗装費用だけで、営業車を使用する為に仕事で使うだけ広告効果になりますし、何よりも企業のイメージアップへの期待も大きいです。こう言った営業車を運転する社員も、企業の看板を背負っている自覚が出るので運転自体も安全で優しい運転になり事故の減少にも役立っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *