営業車をいつまでも綺麗に保つラッピング

取引先をいつも回るのに使っている営業車は、営業パーソンの重要なパートナーであると共に、多くの目に触れる会社の看板である顔であります。

もしいつも乗っている営業車が薄汚れた状態だったら、取引先はどのような印象を抱くでしょうか。ちょっと想像すればマイナスイメージに繋がっていることが理解出来ると思います。ですから、営業車の洗車などのお手入れはしっかりしている会社は当然多いことでしょうが、塗装についてはそうも行きません。塗装は最初こそ綺麗なものの、年を経るごとにどうしても色あせたり剥がれたりしてしまいます。これはどうしようもない事ですので、どんなに普段から綺麗にしていても対応出来ません。

使い古した車にまた塗装をするのはちょっと費用面でもったいないから、次の買い替えまで我慢しようとつい考えてしまいます。しかし、その間にも取引先の印象を落としているとしたら、これは大きな機会損失ですから、一刻も早く何かの手を打つべきです。そうした状況に利用して欲しいのが、ラッピングです。

ラッピングは予め印刷しておいたフィルムを車体に貼り付けるだけの簡単なものですが、仕上がりは塗装と見分けは付きません。電車などでもラッピング車輛というのを聞いたことがあると思いますが、こうした公共交通機関で利用されている耐久性も高い技術です。しかも塗装よりもずっと安く作業することが出来ますから、費用面での負担の心配が劇的に改善出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *