ラッピングで営業車両をグレードアップする

車の塗装といえば、ひと昔前までは刷毛やスプレーなどを使って車体に塗料を塗っていましたが、近年ではラッピングという技法を使うのが主流になっています。

といっても、厳密に言うとラッピングは「塗装」ではありません。色の付いた樹脂製のフィルムシートで車体を覆うことで、塗装と同じような効果を上げるテクニックです。単にカラーリングを変えるだけでなく、部分的にカッティングシートを貼ることで、文字や絵などを表示することもできます。ラッピングは、使い方次第でビジネスの面でもさまざまな効果を上げることができます。たとえば営業車両への活用などがその例となります。

営業車両の車体に社名や連絡先などを入れる場合、塗料で直接描くのではなく社名などを印刷したシートを貼り付ければ、台数が多い場合でも非常に短い工期で完成させることができます。また、車体に直接塗料を塗ることができるのは基本的には自社保有の場合だけですが、着脱可能なシートであればリースした車両にも貼ることができます。そのため、自ら車を持たす、購入費や維持費を節減しながら営業車両を確保することも可能になります。

営業車両への活用例としてはもう1つ、広告の掲載があります。ラッピング用シートへの印刷はデジタルプリンタを使って行うため、フルカラーの高精細な写真なども出力することができます。たとえば商品写真を営業車両に貼って走行すれば、得意先を回りながら同時に広告宣伝活動もできるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *