営業車両のラッピングは意外なメリットがある

営業車両へのラッピングと聞いた時、動く広告や企業アピールを行うものなどのイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。

確かに、車のドアなどに企業名やロゴマークを施しておけば、走行中や駐車場に止めている時など、多くの人々が目にするわけですから、会社のアピールや認知度アップなどへの期待に繋げることができます。しかし、営業車両のラッピングは広告宣伝以外にも、このようなメリットがあるのか、施工するのとしないのでは意外な効果があることを知らない人も多いと言えましょう。

営業車両は文字通り、客先に出掛ける時に利用する自社所有の車です。営業マン以外にも必要に応じて色々な従業員が利用する車です。万が一、従業員が業務途中で事故を起こしてしまえば、労災や賠償責任など、人事担当を行っている人は頭を悩ましてしまうことにもなりかねません。会社名義の車両などの場合は、運行共有責任が発生するため、尋常なものではなくなるわけです。

仮に、時間外の中でも会社名義の車を使って事故が起きてしまえば、会社の運行共有責任が発生することもあるわけです。営業車両のラッピングは、車を利用する従業員に対して、事前事故防止にも役立てることができるメリットがあるのです。利用している車両には自社の広告を始め、社名やロゴマークなどのように特定することができる情報が掲載されているなどからも、何も表示が行われていない営業車両とは違って、ラッピングによる安全運転向上を期待することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *