営業車のラッピングを利用した効果的な宣伝

宣伝効果を上げるために、通常の看板デザインを営業車などにラッピングすると、認知率の高い看板車として利用することができます。

自社のロゴマークやカラーを印刷するだけでも視認性が上がり、たくさんの人に興味を持ってもらうことが可能です。営業用の車両は特定の地域以外にも活動範囲が広いことが特長です。

軽乗用車であってもボンネットの部分などにワンポイント広告を入れるだけで、視覚的にも鮮やかな宣伝カーに利用できます。大型車両は営業以外にも配達などで広範囲に利用されることが多く、車体の利用できる面積も広いので、営業車にラッピングを施すだけでインパクトのあるデザインに仕上がります。

大きさのインパクトは目にした人に強烈な印象を残します。イメージを利用して宣伝効果を上げると、商品名や会社名などを覚えてもらいやすい効果があります。認知委率を上げる目的があるなら、デザインはシンプルにまとめることが大切です。

大型車両の存在感を利用した宣伝の活用は、距離に関係なくたくさんの人にアピールできます。営業車へのラッピングは定期的なデザインの変更が必要になりますが、デザインの入れ替えは比較適用に行うことができ、費用もほかの施工より抑えることが可能です。宣伝広告に力を入れようと思えば、ほかの媒体を利用することも大事ですが、営業車へのラッピングの比重を上げることで、たくさんの人にアピールできる宣伝広告の利用が可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *