スモーク効果も得られる営業車向けのラッピング

営業車として使用している自動車の場合では、バンタイプやワンボックスなどが多い傾向にあります。

商品などを積んで走行することも多く、営業スタッフが商品を売り込む際や、納品作業を兼ねて利用をしていることも珍しいことではありません。営業車は毎日のように使う自動車なので、積載している商品やその他の資材などが窓ガラスを通して入り込む日差しで日焼けをしないように、スモークフィルムを貼っていることも目立ちます。

この方法でも十分に対応できますが、スモークフィルムの場合は見栄えがあまり良好では無いというデメリットもあります。営業車の見た目を良くしながら、スモークの役割を果たせる方法にはラッピングを施工する方法が便利です。

ラッピングは本来はボディの塗装面に施工するものですが、大きなデザインを施して窓ガラスまで全てを施工することも十分に可能です。デザインは専門店に依頼をするとフルカラーで作成してもらうことができ、宣伝用のデザインでも勿論対応しています。

ラッピングを施工するには技術力が求められますが、この作業も専門店では仕事の一貫にしているので綺麗な仕上がりを実現できます。営業車を宣伝媒体にすることができ、尚且つ車内が日焼けしてしまうことを防げる効果も発揮できるので、商品を積んで走行するような機会が多い会社の場合は、ラッピングを用いることに大きなメリットがあります。宣伝媒体になることから必要経費で処理できることも魅力的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *