営業車をラッピングする宣伝効果

会社で使用している営業車を自社製品や商品を掲載したフィルムでラッピングする宣伝効果は、立ち看板よりも効果が期待できます。

営業車は取引先などを立ちまわる車です。製品や商品をスーパーやホームセンターなどの販売店で販売している場合は、そこの駐車場にラッピング広告した営業車を停めておくだけで顧客となる人たちの目に留まる機会も増えることになります。

立ち看板や新聞の広告だと見てもらえなければ広告としての宣伝効果は期待出来ません。それに対して、買い物に来ている顧客の目に留まる場所にラッピングしてある営業車が留めてあれば嫌でも目に入ります。ラッピングしてある車自体が今でも珍しいものなので、自然と目に留まる機会も多くなりますし、注意して見てもらうことも多くなるでしょう。

最近のラッピングフィルムの技術も進歩しているので、まるで本物のような画像をそのままフィルムとして貼り付けることが出来ます。製品や商品の詳細など細かい部分もそのまま車体に掲載することが可能です。営業車なので移動中も多くの人の目に留まります。歩行者や車のドライバーはもちろんですが、取引先の社員などの目にも留まる機会も多くなるでしょう。それがキッカケて新しい顧客が増えたり、新しい取引先が増えたりすることも十分に期待出来ます。非常に優れた宣伝媒体として最近注目され始めたのも、そのような理由からだと言えるでしょう。自社製品や商品を文字通り背負っていることで、営業社員の気も引き締まるという波及効果もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *