広い範囲を1人で施工する車のラッピング方法

新しいドレスアップの方法には車に塗装をするのではなく、専用シートでラッピングすることが知られるようになりました。

ボディを傷めない方法でもあり、施工後でも綺麗にはがせること、後から後悔してもやり直しができることなどをメリットにできますが、何といっても見た目を大きく変化させる効果は抜群です。車のラッピングを1人で行う場合で、面積の広いボンネットやルーフなどに施工するには、それなりのテクニックは必要です。インターネット上には施工方法が様々な手段で掲載されていますが、頭で理解するよりも実践的な慣れというものも重要です。誰しも初めて行う時には失敗をしてしまう可能性は高いので、テクニックに関しても実際には個人差は生じます。

ボンネットに1人で施工する手順は、水張りの方法が楽に行えることが目立ちます。シートの性能にも影響されますが、水張りは霧吹きに数滴の中性洗剤を入れて水を掛けるというテクニックです。ボンネットとシートの裏側の両方に対して、十分過ぎるほど霧吹きを行います。次にボンネットの左右のどちらかの片方の端から施工を開始します。車体に合わせて余白を十分に取り、シート裏側の保護シートは半分程度だけ剥がしながら施工する方法が簡単です。

保護シートを全て剥がしてしまうと、反対側の方が粘着してしまうことがあるので、少しずつ片側から施工することが基本です。ラッピングシート専用のスキージーで空気と水を抜きながら貼り付けていき、中央付近を超えた段階では霧吹きの水が乾燥してしまうことが多いので、再度霧吹きを掛けながら施工することで綺麗に仕上げられます。ボンネットの場合はスキージーのみで施工可能な車種が多いのですが、曲面が多い場合はドライヤーで熱を加えて伸ばしながら貼ることも必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *