車のラッピングは使い方次第で納得できます

車に施すラッピングシートは、一般的には目的にしているボディ部分にそのまま貼り付ける方法ですが、使い方はアイデアによって広がります。

普段からドレスアップを趣味にしている方であれば、使い方次第では十分に納得できる仕上がりを実現させられます。ドレスアップを行っている方の中には、別に購入したパーツを装着していたり、汎用パーツ類の購入を検討していることも珍しいことではありません。インターネットの通販サイトでも非常に豊富な後付けパーツが販売されているので、これらを用いてドレスアップを行うことも多々あります。具体例ではリップスポイラーやボンネットスポイラー、リアトランク、ルーフスポイラーなどもあります。

他にもガーニッシュ系やモール系など様々なパーツを見つけられますが、後付けパーツの場合は見た目や色によって見栄えが浮いてしまうという不具合を感じることも良くあることです。後付けパーツの取り付けを検討している際には、車用のラッピングシートをフル活用する方法があり、取り付けるパーツごとにラッピングする方法と、取り付けた後にボディと同一化させるためにまとめて施工する方法も効果的です。

例えばルーフスポイラーを購入した方であれば、ルーフ全体と取り付けたスポイラーを1枚の車用ラッピングシートで貼り付けてみると、純正パーツのような見栄えに施すことも可能です。パーツと一緒に施工する方法では、副作用的な効果も生み出せることがあります。後付けパーツの場合は両面テープで固定するタイプがありますが、ボディ部分と一緒にまとめてラッピングする方法で、パーツが外れてしまうことが無くなります。従って、固定用のシートとしての活用術もあり、使い方次第では納得できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *