車を塗装するより気軽なラッピング

車のカスタムの定番と言えば、オリジナルの色をつける塗装ですが、初心者にはかなりハードルが高いカスタムでもあります。

パーツの付け替えや機能向上などは失敗したら外せばいいだけなので特に問題はありませんが、塗装は一度行ってしまうと気軽にデザインを変えるということができないためです。そこで「気軽に塗装と同じ効果を出したい」と思うのであればラッピングという方法があります。これは簡単に言ってしまえばプレゼントを包装するのと同じ要領で車体を特殊なフィルムでくるんでしまう方法です。色が付いたフィルムで包むだけなので、ラッピングは通常の塗装と比べてかなり安上がりに行うことができますし、車の塗装の上から張り付けることもできます。

ですから気に入らなければラッピングをはがすことも可能なのです。この気軽にはがせるというメリットは、車のイベント向けにデザインする場合などにもうってつけなのでそう言った目的でも使われることがありますし、変わった所ではアニメのファンが行う「痛車」などにも使われます。

注意点として、ラッピングをはがすことができるといってもそこまで気軽に張替えができるものではなく、気を付けてはがさないと塗装がはがれてしまう事もありますし、場合によってはラッピングを着けるためのノリが残ってしまうこともあります。とは言っても塗装よりかなり手軽に挑戦できるのは確かなので、カスタムに興味はあるが色を塗り替えるのは怖いという人などは一度挑戦を考えてみてもいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *