雄大な海原、優雅な船の旅などにあこがれを抱いている人は多いです。飛行機や自動車で旅するよりも、船で旅したりレジャーに出かける方が、ゆったりとして時の流れも穏やかです。青く透き通るどこまでも果てしなく続く海を見ていると、皮膚ごろの憂さやストレスもすべて解放され、癒しを得ることもできるんです。もっとこの海に慣れ親しみ、アクティブにマリンレジャーやマリンスポーツを楽しんでみたいと考えている人も多いです。

そこでおすすめしたいのが、思い切って小型船舶免許を取得してしまうことです。小型船舶免許を取得してしまえば、マリンレジャーの可能性が飛躍的に広がっていくのは言うまでもありません。自分で船を操縦士海原に出て海釣りを楽しんだり、ダイビングスポットを自分で探してそこで楽しんだり、ジェットスキーでさっそうと海原をツーリングすることもできるようになるのです。小型船舶免許というと難しいのではないか、費用もたくさん掛かってしまうのではないか、教習時間も長そうであるなど間違った認識を持っている人が多いです。

実際は、一日もしくは二日程度の教習で、小型船舶免許が取得でき難易度もそれほど高いものではありません。教習所のような学校で所定の学科と実技を受ければ、国家試験免除で面鏡を交付してもらえるのです。ただし年齢制限があり1級は満18歳以上、2級と特殊は満16歳以上になっていることが必要絶対条件になっているのです。