大海原を自由に駆け巡ってみたい、そんな願いを叶えてくれるのが小型船舶免許です。ボート免許とも呼ばれるこの免許を取得すれば誰でも自由に海の上を走り回れるようになります。船を購入するとなれば一気にハードルが上がってしまいますが、幸いなことに船はレンタルすることが出来るので、たくさんの資産を持っていない人でも免許さえ持っていれば夢を実現することが出来るでしょう。小型船舶免許を取得するためには国家試験を受けなければなりません。

これには実技試験もあるので一般的には教習所に通って操縦技術を身に着けます。教習の費用はスクールによって異なりますが、10万円前後が相場となっているので比較的低料金で免許の取得を目指せることがわかります。また、教習日数は1級なら最短4日、2級や特殊免許なら最短1.5~2日程度となっているのでがんばれた短期間で免許を取得することが可能です。免許の交付を受けるためには国家試験に合格する必要がありますが、認定校なら国家試験が免除されるのでより短時間で取得することが可能です。

試験に合格後、運輸局への申請を経て小型船舶免許の交付が行われますが、有効期限は5年間となっているので期限内に更新の手続きを行う必要があります。小型船舶免許には1級、2級、特殊の3種類があるため、どこでどんなボートを操縦するかによって取得する免許を選択することになります。但し、特殊小型船舶免許は水上バイク専用となっているため、1級や2級を取得している人も別途取得する必要のある免許とされています。小型船舶免許のことならこちら